家呑みに、ギフトに、贅沢で豊かな気分を楽しめる高級酒器をネット通販で販売しています。 錫酒器専門店 錫 山沙 〜 suzuyamasa




 

山田さんが経営する山沙商店・すし芳さんでは、お店のリニューアルの際に、

カウンターで使用される器すべてを任せていただきました。

だからこれまで置いていただいている陶磁器とお店の雰囲気を踏まえ、

それぞれが引き立つようなデザインを心がけました。

シンプルな和の空間に洋画が飾ってあったりという

個性たっぷりの素敵なお店なんですよ。

 

たかが一杯されど一杯

どうせ呑む一杯なら、大切に呑みたい。

どうせ呑むなら、格好よく呑みたい。

そんな空間にこだわる山田さんからのオファーでした。

 

そこで閃いたのがモダンスタイリッシュというワード。

和と洋が同居するプレミアムな雰囲気をイメージして考えました。

 

この独特なデザインは眺める方向によって、

三角だったり、四角だったり、丸や楕円と、様々な顔を見せます

雨つぶのようにも見えませんか?

尖ってるところと柔らかいところもあります。

 

今回の錫の酒器は、眺めて手にとって

楽しめるデザインを心がけています。

触ってみれば、それがすぐに伝わると思いますので、

どうぞ、自分へのご褒美大切な方への贈り物にご利用ください。

きっと喜ばれると思います。

 

シックモダン、そしてスタイリッシュな錫の片口とぐい呑。

特に、こだわったのがシャープなフォルムですね。

エッジが効いたクールな器にしたかったんです。

 

そして、これを購入いただいた方が皆笑顔になって幸せな気分を味わってほしい。

山田さんとそんな想いを込めてデザインしました。

 

陶磁器、ガラス、漆とはまた違う、

柔らかな独特の風合いをもつ錫の酒器で

上質なお酒を楽しんでいただければと思います。

 

錫は一生モノですから、末永く大切に使っていただけることを願っています。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

陶芸家・にしだゆか









 

 

このロゴマークも、書をにしだゆかさんに書いていただき

デザインしていただきました。

私としてもとても格好いいロゴが出来てほんとうに喜んでいます。

使う人に格好よくなっていただきたい。

そんな錫製品のコンセプトがうまく表現されてあり、

一目でこのロゴに決めました!

 

中央の四角いマークの中、上と下に

YとYが隠れているのがお分かりですか?

「ゆかとやまさが支え合う」というYとYなんです。

さらにYには、もう一つ意味があります。

お客様を喜ばせる自分を喜ばせるという想いも込めています。

 

また中央にはダイヤモンドの形が入っています。

ダイヤモンドのようにお客様を輝かせたいというコンセプトの表現です。

ダイヤモンドの中は8つに分けられていますが、

これは末広がりの“八”です。

錫の酒器を持てば縁起が良くなるんですよ。

あなたのお店に置けば、お店は商売繁盛まちがいなしですね(笑)

 

また、この錫の酒器は、海外でもきっと評価されると思うんです。

だからロゴデザインも和と洋を一体にしたものにしました。

にしだゆかさんのデザインはスタイリッシュ&モダン

言葉では表現しようがないぐらい見る人を引きつけます。

 

私は彼女が創りだす世界観に惚れました。

だから自分が描き出す世界観には、彼女の作品がどうしても必要だったのです。

私のお店では、にしだゆかデザインの器がズラリと並んでいます。

その器が、いつも最高のひと時を演出してくれます。

私の寿司にこめた想いと彼女の器にこめた想いとの融合

これがあったかい時間を演出してくれるんです。

 

どうぞ、山沙商店・すし芳にもお越しください。

江戸前のお寿司をつまみながら、洗練された錫の酒器で日本酒を呑む。

もちろんにしだゆかさんの器でも最高に美味しいお酒を味わえます。

これぞ、日本ならではの贅沢な時間ですね。

 

そんなくつろぎの時間をあなたのお家でも楽しんでください。

 

錫山沙 店長 山田哲慎






 




 
 
 
 

 

PageTop

カテゴリー
メニュー
ショップ紹介
店長 山田哲慎
店長 山田哲慎

家呑みにこだわる個人の方はもちろん、錫の酒器をお店で取り扱いたい店主の方も歓迎いたします。お家もお店もプレミアムな雰囲気に演出できる当店オリジナルの錫商品です。誰でも入手できる商品に興味ないという、本物志向の方へおすすめいたします。



サポート RSS