家呑みに、ギフトに、贅沢で豊かな気分を楽しめる高級酒器をネット通販で販売しています。 錫酒器専門店 錫 山沙 〜 suzuyamasa





 

 

は古代から現在まで世界中の人々の心を捉えてきました。

希少で高価な鉱物資源というだけでなく、

錫が持つ柔らかな輝きが人の心をひきつけて

夢中にさせてしまうのがその理由なのでしょう。


金属の中でも安全性が高く酸化しにくく抗菌性も高い

何より食材の色を際立たせて食欲を刺激します。

これが食卓で、お酒の席で発揮する錫のチカラとも言えます。

割れない錆びないという点も経済的にありがたいものです。



 

錫の器に水を入れておくと「雑味が抜けて美味しくなる」

「味がまろやかになる」「何日経っても腐らない」と

昔から言われています。


実は、錫の酒器にはお酒以外にも重宝する使い方があるんです。

ミネラルウォーターを注いで、少し置いてから

毎朝飲んでみてください。水が解毒されます。

浄化された清らかな水で一日をスタートすれば、

エネルギーに溢れ、充実した毎日を送れることでしょう。

中国の水質が悪かった地方では、水を綺麗にするために

井戸に錫を沈めていたり、錫の器で水を飲んでいたそうです。


また他にも、錫器にお刺身を盛りつければ、

鮮度を保つだけでなく、見た目も涼やかで美しい演出ができます。

今後、酒器だけでなく様々な錫製品をここで販売したいと思います。


 

実は金属にはそれぞれ固有の香りがあります。

錫が持つ甘くフルーティな芳香は、

お酒やお茶を引き立てると愛好者に評判なのです。


乾杯のや、手に触れた時、唇に触れた時の風合いなど

五感で楽しみながらお酒を呑む。

これが愛好者にはたまらないひとときとなっているようです。


 

なんと日本の皇室でも代々お酒を楽しまれる際には、

錫の酒器に日本酒を注いで、少し寝かせてから

お飲みになっているそうです。

錫製の器が、高級な物・本物を知る方々

ご愛顧いただいている理由が分かる逸話ですね。


 

熱伝導率が秀でているため、

冷たいものはより冷たく呑むことができます。

氷を並べた皿に酒器を置けば、

一秒で、器も中のお酒もキンキンに冷たくなります。

冷やしてなかったお酒でも、一瞬で冷酒にできるのも

重宝される点です。


錫製の茶器では「あまくなる」「香りが持続する

という感想を持たれる方も多いとのこと。

錫器の中に水を入れた切り花は、非常に長持ちします。



錫は優れた素材であるために、古来より錫の器や杯が

神様に捧げる進物としても使われてきました。

 

 

自分のためにご購入いただくのはもちろんですが、

ギフトとしてもご利用いただけば、

他と差がつく贈り物として必ず喜ばれることでしょう。

 

通常の錫製品は硬度をもたせるため他の金属を加えるんですが、

錫山沙の製品は何も加えず

錫本来の持ち味を最大限に活かしましたので

安心してご利用になってください。


 

メンテナンス方法のご説明をします。

ご使用後は柔らかいスポンジを用いて、

台所用洗剤(中性)で洗ってください。

 

もし、光沢が鈍くなってきた時は、重層をご使用ください。

すると再び輝きを取り戻します。

しかし、あえて磨かず、使い込むほどに増してくる独特の深いあじわい

色の変化を楽しむ方もいらっしゃいます。

 

錫は非常に柔らかいため、落とせば凹みますが、

手で簡単にもとの形に戻せますのでご安心ください。


 

・融点が低いため、火気の近くに置かないでください。

・電子レンジではご使用になれません。

・食器洗浄機や乾燥機はご使用になれません。

・たわし等でこすらないでください。

・低温により錫が変質するおそれがあるため、

 冷蔵庫には入れないでください。

 また、冷蔵庫での長時間の保管もお控えください。




 
 
 
 

 

PageTop

カテゴリー
メニュー
ショップ紹介
店長 山田哲慎
店長 山田哲慎

家呑みにこだわる個人の方はもちろん、錫の酒器をお店で取り扱いたい店主の方も歓迎いたします。お家もお店もプレミアムな雰囲気に演出できる当店オリジナルの錫商品です。誰でも入手できる商品に興味ないという、本物志向の方へおすすめいたします。



サポート RSS